盗聴器が仕掛けられやすい場所とは

盗聴器を仕掛けられやすい場所について
盗聴器が自身に対して仕掛けられる覚えが無くても、例えばマンション暮らし等の場合は前の人に仕掛けられたものがそのままになっている事もあります。
探偵事務所を利用してマンション部屋を調査してみると、高い確率で発見される事もあり、意外な程に身近にこうした機器が取り付けられているものです。
機器が付けられている場合には兆候と言えるものがあり、例えば急にいたずら電話が増えた時とか、通話中に今まで無かったようなノイズが入る時、尾行されている気がしたり部屋の近くにスモークが張られた車がよく止まるようになった等があります。
こうした場合には自己判断で解決する事は難しい事もあり、探偵事務所等に相談する事は有効ではあるのですが、自身で出来る事は室内の機器取り付けリスクがある場所を探す事です。
室内灯やコンセント、テレビの裏、掛け時計や置時計の裏、エアコン、車内、花瓶、他にも飾ってあるぬいぐるみや絵画等は機器取り付けをこっそりと行いやすい場所になります。
リスクがありそうな場所はとりあえず全て探してみて、特に注意したいのはコンセント部分に取り付けられる事の多いものであり、部屋の目立つ場所を全てチェックしても一見解り難い注意するべき場所です。
Copyright (C) ネットで学ぶ盗聴器発見の方法 All Rights Reserved.